お買い物かご 注文状況照会 マイページ お客様センター
|
トップページへ 新作紹介 小さな作品 大きな作品 お買い得作品 商品一覧 プレゼント
”木端仏”・・万物はそれ自体で仏だと確信した円空だからこそ造り得た形

ジャンルリスト
如来:最高位の仏
菩薩:民衆を救う
明王:怒れる神々
木端仏:究極の名作
天:仏教の守護神
祈る人:信仰の風景

掲示板
円空工房掲示板



円空工房掲示板
皆様のご意見をお寄せ下さい。

  円空工房掲示板

 欅(けやき) 三秀 (2009/10/09) 
 高さ35m・直径2mにもなる大高木で老木ではもっと大きいものもある。幹はふつうまっすぐでこれから分かれた枝がほうき状に上向きに伸び、広葉のうちではきわめて整った形をしている。

樹皮は灰白色で、壮齢まではおおよそ平滑で多少横しわがある程度であるが、老木になると大きな鱗片になって剥げ、あとは独特の雲紋状の凹凸になる。葉は枝に2列になって互生し、長い楕円形から卵状楕円形、長さ3〜7cm、先端は鋭尖で基部は円形から浅い心臓形になる。栗縁には疎くて多少大きな鋭い鏡歯があり、この葉の形はほかのものと間違えることは少ない。

材はやや重くてかたいが切削などの加工はそれほど困難ではない。比重に対応して強度も大きく、また大木で年輪幅の狭いものでは狂い少ない。

心材は水温に対して保存性がきわめて高い。材の肌目は粗いが、仕上げ面を磨くとよい光沢が出る。木理が明瞭で美しいこと、強度が大きいこと、耐朽性があることの三拍子がそろっているので、わが国の広葉樹材では第一番の良材であり、構造材にも装飾材にもすこぶる用途が広い。

建築材としては柱、梁などの構造材、階段、棚、床(ゆか)板、門と扉、板戸、障子・ガラス戸の腰板、洋室壁板、天井、床(とこ)まわりなどの造作材・装飾材の何にでも賞用される。

最近は広い板物にはスライスドベニヤをはった合板で用いられることが多い。昔からとくに社寺建築材にヒノキと並んで最も重要であった。家具材では和家具に箪笥(たんす)、座卓、火鉢、仏壇などがあり、また各種の洋家具にも取り入れられている。器具材にも多方面に使われ、漆器の盆・椀、臼と杵(きね)、太鼓の胴、いろんな柄類、機械の部材などが割合特色がある。

車両材、船舶材でも構造材および内装材に最も重要なものであったし、また橋の欄干(らんかん)や橋板、枕木にも多く使われてきた。とくに近年までは電柱腕木として他に代えることができないとされてきた。

そのほかに彫刻材、薪炭材などの用途もあげられる。

    現物を拝見して
    作成されたメッセージはありません。
         

  | 利用案内 | 特定商取引法に関する表示 | 個人情報保護ポリシー | お客様センター | お問い合わせ |    
Copyright (c) by Enkukobo. All rights reserved.