在庫にない作品をご希望の方は予約制作をご利用下さい。プレゼント実施中! お買い物かご | 注文状況照会 | マイページ | お客様センター  
    search :
トップページへ  | 新作紹介  | 小さな作品  | 大きな作品  | 予約制作  |  商品一覧  |  プレゼント

     ジャンルリスト
如来
菩薩
明王
両面宿儺
護法神・金剛神
びんずる
七福神
神像、権現等
祈る人

     掲示板
円空工房掲示板

スマホ店 円空工房スマホ店サイトはこちら



円空工房掲示板
皆様のご意見をお寄せ下さい。

  円空工房掲示板

 桑(くわ) 三秀 (2009/10/09) 
 ふつうに山野に自生するものは高さ10m・直径60cmくらいまでの小高木であるが、稀には直径l m以上の大木となる。

4〜5月に新しい枝の基の方に下垂した穂状花序を出し、黄緑色をしている。果実は一つ一つはごく小さいが肥厚して多汁になった花被に包まれ、楕円形の集合累の形で6〜7月に紅色から黒紫色に熱する。

これがクワノミ、桑櫨(そうじん)で、その花被は甘く、子供が好んで食べ口のあたりを紅紫色に染める。ヤマグワは南樺太・南千島・北海道・本州・四国・九州・朝鮮・満州・支郡の温帯から暖帯の山野にごくふつうに自生している。しかし大きい樹はなくなり、蓄積もきわめて少なくなっている。

材の色合いと木理は重厚な感じがあり、材質が良好なため装飾材として賞用され、ことによい杢が出るものは銘木として扱われる。

器具材では火鉢・煙草・盆・文具類、旋削したものでは盆・椀・碁石入れなどがあり、家具材では箪笥(たんす)、机、台、棚、箱類などがあるがとくに鏡台・針箱の貼(は)り板としてよい。

建築装飾材では床柱、床(とこ)まわりの材が多く、その他機械材・三味線の胴などの楽器材、彫刻材,寄木(よせぎ)・木象がん(もくぞうがん)などに使われる。

樹皮は強籾なので和紙に混用され、またロープなどを作ることがあり、黄色の染料にもなる。根皮は漢方薬の桑白皮(そうはくひ)で、利尿・緩下・せき止めなどに用いる。

    現物を拝見して
    作成されたメッセージはありません。
         

  | 利用案内 | 特定商取引法に関する表示 | 個人情報保護ポリシー | お客様センター | お問い合わせ |    
Copyright (c) by Enkukobo. All rights reserved.